Sports

私たちは、私たちが持つ様々なスキルを生かし

各種教室やイベントのプロデュース

指導者や講師の派遣を進めるとともに

アスリートによる各種教室開催やアスリート主宰のクラブ運営を行ってまいります。

ランニングクラブ「Team Shintaku」

マラソン元日本代表「新宅雅也」氏が持つスキルを活かし、ランニングを通して、人々の健康維持増進、仲間づくりを行うとともに、長距離ランナーの普及および競技力の向上を図ることにより、日本を代表する『スポーツコミュニティー』『ランナーズコミュニティー』の形成を目的としています。併せて、地域との交流を通し、疎開地開拓を含む安心・安全な環境づくりと地域の活性化に寄与してまいります。お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

「Team Shintaku」は、目的達成のため次の事業を行います。

  1. 一般ランナー、ジュニアの指導事業

  2. 競技選手の指導・育成事業

  3. 学校体育支援事業

  4. スポーツイベント企画運営事業

  5. スポーツによる国際交流事業

  6. 地域コミュニティー活性化事業

  7. 健康プログラム開発事業

  8. スポーツを通してのふれあい活動支援事業

  9. スポーツ教室等受託事業

  10. その他

 

 

 

 

主宰者紹介

新宅 雅也(永灯至) 2012年6月18日改名


1957年12月生まれ。広島県出身。

 

 

 

 

 

 

 

 


日本体育大学時代に出場した箱根駅伝では瀬古利彦有する早稲田大学を下し総合優勝を飾った立役者。

その後、SB食品陸上部時代に日本マラソン界の黄金時代を支えた立役者。

 

モスクワ五輪、ロサンゼルス五輪、ソウル五輪とそれぞれ違う種目で日本代表となったスーパーランナー。第一線を引退後は、三井住友海上陸上部、体育系専門予備校の「体育進学センター」の理事として、スポーツを通しての社会整備・地域の活性化に力を注ぐ。

競技暦

オリンピック大会

1980年 第22回 モスクワ3,000m障害
             5,000m日本代表

1984年 第23回 ロサンゼルス10,000m日本代表

1988年 第24回 ソウルマラソン日本代表

アジア大会

1978年 第8回 バンコク3,000m障害優勝

1982年 第9回 ニューデリー5,000m優勝

1986年 第10回 ソウル10,000m優勝

国際大会

1980年 DNガラン国際陸上3,000m障害2位(当時日本記録)

1981年 世界記録挑戦競技会30,000m
    15,000m2位(当時世界記録)(当時日本記録)

1982年 8ヶ国陸上5,000m2位(当時日本記録)

1984年 唐津10マイルロードレース優勝(現在日本記録)

1987年 オスロ国際陸上3,000m8位(当時日本記録)

1989年 全日本実業団ハーフマラソン優勝(当時日本記録)

国内大会

1978年 東京箱根間往復関東大学駅伝競走大会第4区優勝

1979年 東京箱根間往復関東大学駅伝競走大会第5区準優勝

1980年 東京箱根間往復関東大学駅伝競走大会第2区優勝

1977年 日本陸上競技選手権大会3,000m障害優勝

1978年 日本陸上競技選手権大会3,000m障害優勝

1979年 日本陸上競技選手権大会3,000m障害優勝

1980年 日本陸上競技選手権大会3,000m障害
    5,000m優勝

1981年 日本陸上競技選手権大会5,000m優勝
    10,000m優勝

1982年 日本陸上競技選手権大会3,000m障害優勝

1983年 日本陸上競技選手権大会3,000m障害優勝
    5,000m優勝

1984年 日本陸上競技選手権大会10,000m優勝

1985年 日本陸上競技選手権大会10,000m優勝

1985年 福岡国際マラソン優勝

指導者・講師派遣

自社が持つ様々なスキルを生かし、弊社に所属または登録するスポーツに係わる指導者・講師の派遣を行います。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

指導者・講師紹介

 

新宅 雅也 (SHINTAKU MASANARI)

専門分野陸上競技(長距離) 実技指導および講演
• ジョギングを通じた健康づくり
• 市民ランナーのための基礎練習
• アスリート養成

 

園原 健弘 (SONOHARA TAKEHIRO)

専門分野陸上競技(長距離) 実技指導および講演
• ウォーキングを通じた健康づくり
• 子どもの健やかな成長のためのエクササイズ
• 陸上競技(競歩・ランニング 基礎トレーニング)

主たる戦績バルセロナオリンピック 50km競歩日本代表
アトランタオリンピック 陸上チームコーチ

 

大島 めぐみ (OSHIMA MEGUMI)

専門分野陸上競技(長距離) 実技指導および講演
• 陸上競技を通じた健康づくり
• ジョギング指導
• アスリート養成

プロフィール埼玉栄高校 卒業。

トラック競技でシドニー、アテネオリンピック代表選出。

マラソンでも2005年の世界陸上ヘルシンキ大会にて代表選出され銀メダル(団体)を獲得。

トラックからマラソンまで幅広い競技にて対応できる日本屈指のスピードランナー。

アスリートの視点から見た食事法に関しても関心が高く

ジュニア野菜ソムリエ、ジュニアアスリートフードマイスターの資格を取得。

 

吉澤 永一 (YOSHIZAWA EIICHI)

プロフィール生年月日:1980年9月5日
出身:長野県
選手経歴:飯田高校→明治大学→長谷川体育施設(株)

主な競技成績• パリ世界陸上20㎞競歩 日本代表(2003年)
• アジア選手権20㎞競 歩金メダル(2002年)
• W杯競歩20㎞競歩 日本代表(2002年)
• 関東インカレ10000m競歩 3連覇(2000~2002年)
• 日本インカレ10000m競歩 2連覇(1999~2000年)
• 国民体育大会 少年共通5000m競歩 優勝(1998年)
【 自己記録 】
• 20km競歩:1時間21分57秒
• 50㎞競歩:3時間51分37秒
• 10000m競歩:39分57秒06

 

西田 隆維 (Ryuui Nishida)

プロフィール生年月日:1977年4月26日
出身:栃木県
選手経歴:佐野日大高校→駒澤大学→エスビー食品・JALグランドサービス

主な競技成績• カナダエドモント世界選手権マラソン日本代表 9位(団体銀メダル)
• ユニバーシアード スペインマジョロカ大会ハーフマラソン 銀メダル
• 第50回別府大分毎日マラソン 優勝
【 自己記録 】
• 5000m:13分57秒30
• 10000m:28分40秒00
• ハーフマラソン:1時間2分34秒
• 30km:1時間30分09秒
• フルマラソン:2時間8分45秒

※NRC(Nishida Running Ciub)ブログより転載

 

市河 麻由美 (Mayumi Ichikawa)

主な競技歴• ソウル国際ハーフマラソン 1時間14分32秒 優勝
• 宮崎女子ハーフマラソン 1時間12分22秒 優勝
• 名古屋国際女子マラソン 2時間27分57秒 2位(日本人トップ)
• セビリア世界陸上 2時間32分01秒 17位 (団体金メダル)
• 北海道マラソン 2時間32分30秒 優勝
• 名古屋国際女子マラソン 2時間27分22秒 7位(※自己ベスト記録)
• 北海道マラソン 2時間36分13秒 2位

プロフィール【メディア出演】
• 虎の門スポーツ(テレビ東京)
• 東京ケーブルテレビ 走るためのピラティス 全4回
• 和倉万葉の里マラソン 解説
• Tokyo FM、J-WAVE ランニング企画にて10回ほど
【著書】
• 市河麻由美のラン&ピラティス(ランナーズ著)
• 誰でも完走できる!ランニング美人(枻出版)
• ありそうでなかったマラソンの教科書(ランナーズ著) 共著

その他各企業・団体へのピラティス指導多数

© 2020 SD CO.,LTD.

​株式会社エスディーコーポレーション

 

本社 〒948-0004 新潟県十日町市下川原町44番地

TEL:025-757-1956 FAX:025-757-2186

東京オフィス 〒103-0023  東京都中央区日本橋本町4-15-1 タカコービル7階

TEL  03-6276-0870    FAX  03-6300-4410

 

台湾支店  台北市大安區忠孝東路4段2號8楼之2
TEL:+886-2-5578-4227

https://www.sdco.jp/

http://rovan.jp

​設立 2008年11月17日